*

つくし料理に感動した話

      2019/04/06


「天然生活はじめました」に
お越し頂きまして、
ありがとうございます。

桜も咲き始めて、
春めいてきましたが、
なんとなくまだ寒いですねー。

そんな中で、少し前に、
買い物に出かけたら
つくしを見かけたので、
早速購入して、、

つくし料理を色々と作って、
「春」を味わってみました。

つくしは、さっと湯がいた後、
数回、水をかえながら、
アクを抜きます。

その後、お浸しにしたり、


菜の花と卵と一緒に炒めてみたり、

少量のつくしではありましたが、
とっても美味しくて、
つくし良かったなぁ。って、

感動して、しばらく
余韻に浸っていたので、

この数日後にまた、
つくしを買いにいって、、

佃煮も作ってみました。


冷凍していた実山椒があったので、
それも加えて作ってみたのですが、
これ、正解だったかも。

美味すぎて、
ご飯が止まらなくなるヤツでした。(笑)

ご存知の方もいらっしゃると
思いますが、、

つくしというのは、
スギナの胞子茎のことで、

スギナとつくしというのは、
地下茎で繋がっているんですね。

で、春になると、まず、
つくしが顔を出し、

つくしが胞子を飛ばし終えた後、
光合成をするためにスギナが
芽を出し始めるんですね。

つくしには、
ビタミンやミネラルが
豊富に含まれていて、

抗酸化作用や、美肌効果、
免疫力を高めてくれる働きなどが
期待できると言われています。

つくしに限ったことでは
ありませんが、

その時々の「旬」のものを
頂くことで、不足している
栄養素を補ってくれたり、

溜め込んだ不要なものを
デトックスしてくれたりして、

「旬」の恵みというのは、
私たちの体に必要なものを
教えてくれるのです。

しかも、本来は、
その時にしか頂けない、
貴重な「生命」だということ。

スーパーで買い物をしていると、
一年中、どんな野菜も手に入るので、
そのことを忘れてしまってませんか。

今の季節にしか頂けない
貴重な「生命」を頂くことで、
元氣な細胞を育てることが
できるんじゃないかと、

そんな風に、私自身は
体感している次第です。

ではでは、また!


《SNSも更新中》

instagram

Facebookページ


 - 家庭料理, 旬を楽しむシリーズ