*

Bean to Barチョコレート

   

WEBマガジン「天然生活はじめました」に
お越し頂きましてありがとうございます。

昨日はバレンタインデーでしたねー。

主人にチョコレートが欲しいか
聞いてみると、「別に。」と
言われたのですが、(苦笑)

バレンタイン商戦に乗っかって、
今年も私はチョコレートを買いに、
いそいそと出かけてきましたよ。(笑)

百貨店はしごした甲斐あって
素敵なチョコレートに
出会うことができました。
報われた!(笑)

とりあえず、大阪梅田の百貨店
はしごを終えての感想は、

「阪急さん、さすがですわ」

阪急さんは、毎年めちゃくちゃ
力入れてますが、今年は特に
良かった氣がしました。

年々、オーガニックチョコレートや
Bean to barチョコレートも
増えてきていて、私としては
すごく嬉しかったです。

ちなみに、ご存知の方も
多いと思いますが、

「Bean to Bar」とは、、

その言葉通り、

Bean=カカオ豆から
Bar=板状(チョコレート)になるまで

カカオ豆を仕入れるところから、
チョコレートが出来上がるまでの、
全ての工程を自社工房で行うという
チョコレートの製造工程のこと。

産地によって、香りが異なる
カカオ豆を厳選し、形や大きさなど
状態の良いものを選別して、

焙煎時間や温度の調整、
カカオ豆の挽き方によっても
食感や風味に違いが出るので、

ひとつひとつの工程に
時間をかけて丁寧に作られます。

なので、カカオ本来の味を
充分に楽しむことができる
チョコレートでもあるのです。

そんなBean to Bar
チョコレートの中から、
今回は、こちらの
チョコレートを購入しました。

Minimal-Bean to Bar chocolate-
(ミニマル-ビーン・トゥ・バー・チョコレート)

このチョコレートのすごいところは
原材料がカカオ豆と砂糖のみ。で
作られているということ。

私が購入したのは、
カカオ豆の産地が
それぞれ違う3種類の
チョコレートがセットになった商品。

試食させて頂いた時に、
原材料がカカオ豆と
砂糖だけなのに、

カカオ豆の産地によって、
ナッツの風味がしたり、
ベリーの風味がしたり、、
ハーブの様な爽やかな
後口だったり、、

それぞれのカカオ豆の特徴を
楽しめるチョコに感動しました。

そして、、、

もうひとつは、こちら。

PUMPSTREETBAKERY CHOCOLATE
(パンプストリートベーカリーチョコレート)

ライクラム ミルク&シーソルト

こちらもBean to Bar
チョコレートなのですが、

このチョコレートの
面白いところは、、

チョコレートにパン粉を
混ぜ込んでいるということ。

このチョコレートは、
イギリス東部サフォーク州
オーフォード村にある
小さなベーカリーが作る
チョコレートなのです。

私が今回購入したのは、
エクアドル産カカオを使用した
60%ダークミルクチョコレートに
ライ麦パンのパン粉を
混ぜ込んだチョコレート。

原材料は、
カカオ豆、砂糖、カカオバター、
スキムミルクパウダー、ライ麦、
小麦、塩、イースト。

これが、本当に面白くて、
ライ麦パンのパン粉の
ザクザクした食感と
チョコの風味に
シーソルトの味わい。

後味にライ麦パンの酸味が
広がって、本当に
パンとチョコレートが
一緒になった様なチョコ。

パン粉を混ぜ込んだチョコなんて、
初めて食べました。

パン屋さんならではの
アイデアに感動です。

発想も楽しくていいなー。と。

今回購入した2店のチョコは、
どちらも見た目は板チョコなので、
華やかさはないかもしれないけど、

口いっぱいに広がる
華やかなカカオの風味に
ザクザクとした食感も心地よく、
豊かさ溢れるチョコレートでした。

「別に。」と言っていた主人も
とても喜んでくれていたので、(笑)
今年のチョコレート選びは
成功したかな、という感じです。

今年は、素敵なチョコレートに
出会えたことに感動した
バレンタインデーでした。

ではでは、また!

ブログランキングに参加中です。
ポチっとワンクリック応援して頂けると
嬉しい限りでございます!よろしくお願い致します♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ 

「天然生活はじめました」の
Facebookページもございます。
https://www.facebook.com/tennenseikatu

もしこのWEBマガジンがアトピーでお悩みの方や、
天然生活を送りたい方の参考になりそうなら
是非、いいね!をポチっとお願い致します!

 - おでかけ, おやつ, 自然派食品