*

煮物いろいろ作り置き

      2019/03/27

WEBマガジン「天然生活はじめました」に
お越し頂きましてありがとうございます。

昨日は、鰹節と昆布で
一番出汁を引いたので、
煮物をいろいろと作りました。

鰹節と昆布で
一番出汁をひき、、

私はだいたいいつも
2L分くらいの出汁を引きます。

それで、煮物などを
いろいろ作り置きして、、

余った出汁はこんな風に、
200mlずつ小分けにして、
冷凍保存しております。

出汁をひいた後の、
鰹節と昆布は細かく刻んで
水と醤油を加えて、水分が
無くなるまで煮立てて、
ふりかけにして頂きます。

私がお料理をする時に
心がけていることは、
必ず良い食材を使用すること。

これは、長い間アトピーで
苦しんだ末にたどり着いた
答えのひとつです。

そんな訳で、今日は我が家で
使用している食材や調味料などを
少しご紹介してみようと思います。

皆様の参考になれば幸いです。

一番出汁を引くときに
使用している鰹節は、
鹿児島県の枕崎産のもの。

昆布は、大阪西天満の
老舗昆布屋さん、長池昆布の
北海道南産真昆布を使用。

私が使用しているのは、
真昆布の切り落とし昆布
なのですが、家庭用で
使用するには充分すぎるくらい
良い昆布だと思います。

我が家の食は、
長池昆布さんの昆布に
支えられております。

そして、、

ひけた一番出汁を使って、
今回作った煮物は、、、

五目豆、切り干し大根の煮物、
里芋の煮物、うおぜの煮付けの4品。

五目豆に使用している大豆は、
青森県産の有機栽培大豆。

干し椎茸は、静岡県産の
無農薬無化学肥料のもので、
HIRYUさんで購入させて
頂いております。

切り干し大根、里芋、
その他、五目豆に使用している
人参、ごぼう、レンコンなどの
お野菜は全て無農薬無化学肥料の
循環農法で育ったもので、

尊敬するお百姓さんの
赤峰勝人さんのお野菜。

こんにゃくは群馬県産
こんにゃく芋100%使用のもの。

油揚げは、北海道産大豆
100%使用のもの。

調味料は全て、
伝統的製法で作られたもの。

左から、、

自然塩:なずなの塩(天日塩)

薄口醤油:紫大尽
(大久保醸造店)

料理酒:純米吟醸玉乃光 酒魂
(玉乃光酒造)

濃口醤油:マルシマ純正醤油
(丸島醤油株式会社)

本みりん:三州三河みりん
(株式会社角谷文治郎商店)

お酢:純米富士酢
(株式会社飯尾醸造)

もし、これから天然生活を
送りたいとお考えの方が
いらっしゃいましたら、

いきなり全てを変えると
いうのは難しいと思うので、
まずは、塩や調味料の改革から
始めてみると良いかと思います。

伝統的製法で作られた
調味料というのは、
長い時間をかけて
微生物の力を借りて
熟成された発酵食品なので、

調味料として使用しながら、
手軽に毎日の食事に
発酵食品を取り入れることが
できるのでおすすめです。

ではでは、また!

ブログランキングに参加中です。
ポチっとワンクリック応援して頂けると
嬉しい限りでございます!よろしくお願い致します♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ 

「天然生活はじめました」の
Facebookページもございます。
https://www.facebook.com/tennenseikatu

もしこのWEBマガジンがアトピーでお悩みの方や、
天然生活を送りたい方の参考になりそうなら
是非、いいね!をポチっとお願い致します!

 - アトピーのこと, 作り置き, 家庭料理