*

ご飯が進むアラふりかけで、最後までしゃぶりつくす

      2019/11/19

先日の、「魚のアラでとる、コク深い黄金出汁
と言う記事でご紹介した通り、
我が家では、魚は丸のまま買って、
家でさばいて、アラで出汁をとります。

そしてさらに、

魚出汁のその後と1杯のお味噌汁
と言う記事でご紹介した通り、
アラで出汁をとるだけでなく、
出汁をとり終わったアラを使って
ふりかけも作ったりします。

お魚はありがたく、最後までしゃぶりつくすのですww

と言う訳で今日は、この魚のアラで作る、
ご飯が進むアラふりかけの作り方をご紹介します。

【材料】
魚のアラ 適量
生姜の搾り汁 小さじ1
砂糖 大さじ2
みりん 大さじ2
醤油 大さじ2
酒 大さじ2

今回は出汁を取ったあとのアラを使っているので、
既に焼くなり煮るなりして、アラに火が通っています。

生のアラからやる場合は、最初に焼いて下さいね。

で、最初の手順ですが、実はこれが、
このレシピの最大の難関。

魚の身をほぐさなきゃなりません。
これがちょっと面倒くさい。

スプーンとか箸でほぐしてもいいんですが、
結局のところ、自分の指を使って身をほぐすのが
一番早いんじゃないかと思います。

まぁ、色々試してみて下さい。
とにかく、身がほぐれればOKです。

251
ほぐした身をフライパンや中華鍋に投入!
さらに、生姜の搾り汁、砂糖、みりん、酒、醤油も投入!

252
あとは、焦がさないように、
汁気が無くなるまで炒め煮にします。

魚の身をへらで潰すようにしながら、
炒めて行くと比較的きれいな
フレークになると思います。

253
汁気がなくなったら、はい、完成!
簡単ですねぇーw

ご飯の上にたっぷりのせて食べてください。
山椒なんかを効かせても、おいしいと思いますよ。

お試しあれー。
ではでは、また!

 - レシピ集