純米って?大吟醸ってナニ?

日本酒はよくわからないと言われる最大の原因は、
同じ銘柄なのに種類がいくつもあるって事なんだと思います。

例えば、純米、特別純米、吟醸、etc、、、

わかってしまえば、特に難しくないんですが、慣れてないと全く意味がわからないですよね。
今日はこの辺の事をちょっと解説してみます。

これらの種類を決めるポイントは大きく分けると2つあります。

1.純米かどうか
日本酒の原料は基本的に、米・米麹・水なんですが、
これだけを使っている物には「純米」の文字が入ります。

「純米」の文字が入っていないものは、
味や香りを調整する目的で、醸造アルコールが添加されています。
これを「アル添」といったりします。

2.米をどれだけ削るか
日本酒を造るときは、削ったお米を使うんですが、
お米をどれだけ削るかで種類が変わります。

お米をどれだけ削ったかというのを、
日本酒ではよく、「精米歩合」で表すんですが、
これは、削って残ったパーセンテージです。
例えば、精米歩合60%だと、40%削ったって事になります。

で、精米歩合60%以下のものは「吟醸」、
精米歩合50%以下のものは「大吟醸」の文字が入ります。

この「純米」や「吟醸」、「大吟醸」の部分の事を、
「特定名称」と言うんですが、
画像にまとめたので、チェックしてみてください。

これら特定名称酒以外のお酒は「普通酒」と言います。


The biggest reason why it is said that sake is not well understood is I think it means that there are many kinds of the same brand.

For example, junmai, special pure rice, ginjo, etc、、、

Once you understand it, it’s not particularly difficult.
If you’re not used to it, you won’t understand the meaning at all.
Today I will try to explain a little about this area.

There are two main points for deciding on these types.

1. Junmai or not
Basically, the raw materials of sake are rice, rice koji, and water, Items that use only this only have the letters “Junmai” in it.

What is not pure rice, For the purpose of regulating the taste and aroma, brewed alcohol is added. This is called “Alten”.

2. How much rice should be shaved
When they make sake, They use shaved rice, The type changes depending on how much you shave rice.

How much rice was cut, In sake, it is often expressed by “rice milling rate”, This is the percentage left over after being scraped.

For example, if the rice milling rate is 60%, it means that you have shaved 40%.

So, those with a rice milling rate of 60% or less are “ginjo”, Those with a rice milling rate of 50% or less will have the letters “Daiginjo” in it.

This part of “Junmai”, “Ginjo”, “Daiginjo” is called “specific name”, but I summarized it in the image, so please check it out.

Alcoholic beverages other than these specific name sake are called “ordinary sake”.