MONTH

2022年6月

【出羽燦々 SAKEKASU SMOOTHIE】

1997年から日本酒造りのノウハウを活かしたオリジナルビール造りを手掛ける千葉・寒菊銘醸の1,500本限定のスムージースタイルのビール。 ※日本の酒税法上では発泡酒という事になりますが、ここではビールと呼ばせて頂いています。 スムージースタイルというのは、2018年くらいからアメリカの東海岸で流行り始めた、サワービールにフルーツピューレを入れて造られるトロみのあるビアスタイルで、日本でも少しずつ広 […]

【玉乃光 純米吟醸 TAMA】

京都・玉乃光酒造の、ワイン酵母で備前雄町100%を醸したお酒「TAMA」 日本酒とワインの醸造技術が見事に融合して、多彩な甘みと酸味、そして旨味を持つ日本酒に仕上がっています。 日本酒が苦手という方や女性にもオススメしやすい、アルコール度数低めの甘酸っぱいお酒。 普段は白ワインという方や、いつもとは一味違う日本酒が飲みたいなんて方にもオススメ。 ちなみに、ユダヤ教の戒律に基づいたコーシャ認証も取得 […]

【仙禽 かぶとむし 2022】

先日、大阪・日本橋・利き酒家(@kikiki3437)さんで頂いたお酒。栃木県・株式会社せんきんの限定夏酒「かぶとむし」の2022年版。 このお酒は「大人のレモンスカッシュ」の異名を持つ、毎年大人気の夏らしいお酒。相変わらず可愛いラベルですが、今年の味わいはさらにクリアになっています。 グレープフルーツやレモンのようなフルーティーで爽やかな柑橘系の香りと酸味。後半はキレがよく、軽快で淡い、心地よい […]

【浪乃音 Te to Te てとて 玉栄 生酒】

福島県会津の曙酒造で約四年間の修行を経て、浪乃音酒造に帰ってきた11代目が、20代の若い感性で醸す新しいコンセプトのお酒「てとて」の第一弾。 丹精込めて手仕込みしたお酒を皆様の手へ届けたい。世界中の皆様と繋がりたい。そんな想いから「てとて」は生まれました。 曙酒造で培った技術と浪乃音の伝統技術を融合させて造られるこのお酒は、浪乃音の酒造りの特徴である丁寧な小仕込み、そして手作業で造られます。 華や […]

【猿山鹿男】

今日はおビールのご紹介。世界コンクールで金賞をはじめ、数々の受賞歴を誇る大阪・箕面ビールと、米作りから酒造りまで自蔵で手がける「一貫造り」にこだわる、大阪・能勢の秋鹿酒造のコラボビール。 今回で4度目となるこのコラボビールは、秋鹿酒造で大切に栽培された山田錦の麹米を約10%使い、麹の酵素を最大限に生かせるように仕込み工程ではなく発酵工程で投入されています。 ほんのり残る米の風味、ビールらしい複雑な […]

【たかちよ Summer Blue 純米大吟醸 無調整夏生原酒】

【たかちよ Summer Blue 純米大吟醸 無調整夏生原酒】 この平仮名の「たかちよ」シリーズには、それぞれテーマになる果実がありまして、この「Summer Blue」のテーマは「パイナップルの缶詰」 パイナップルの缶詰というと、濃醇でどちらかというとしつこい甘さのイメージですが、そのイメージとは裏腹に夏酒らしい爽やかな仕上りになっています。華やかでフルーティーなパイナップルの香りと、トロピカ […]

【たかちよ とこなつむすめ YELLOWラベル 無濾過生酒】

【たかちよ とこなつむすめ YELLOWラベル 無濾過生酒】 この平仮名の「たかちよ」シリーズには、それぞれテーマになる果実があるんですが、このYELLOWラベルのテーマは「南国バナナ」 開栓すると、バナナを思わせる穏やかながらも濃淳で甘い香り。コクのある旨味の中にも爽やかな酸味。バランス感のあるライトかつジューシーでトロピカルな味わい。 ちなみにこのシリーズには、「純米」、「純米吟醸」といった表 […]

日本酒には四季があるってホント?

日本酒にも四季があるって知ってました?実は四季折々で、その時だけのお酒ってのが色々出てるんですよ。 で、時期に関しては大体の目安ですが、、、 12月〜2月は冬酒。秋に収穫される新米を使って日本酒を造って、初めて絞られるのがだいたい12月〜1月までで、このお酒を「新酒」や「しぼりたて」と言います。若いお酒なので、コクや深みは少ないものの、甘く、華やかでフルーティな香り、爽やかでスッキリとした飲み口が […]