【出羽燦々 SAKEKASU SMOOTHIE】

1997年から日本酒造りのノウハウを活かしたオリジナルビール造りを手掛ける千葉・寒菊銘醸の1,500本限定のスムージースタイルのビール。

※日本の酒税法上では発泡酒という事になりますが、ここではビールと呼ばせて頂いています。

スムージースタイルというのは、2018年くらいからアメリカの東海岸で流行り始めた、サワービールにフルーツピューレを入れて造られるトロみのあるビアスタイルで、日本でも少しずつ広がってきています。

で、このビールは「寒菊OCEAN99-青海 Summer Sea-無濾過生原酒」の酒粕と、温州みかんやパイナップルのピューレを使用していて、穏やかに香る柑橘とパイナップルのトロピカル感、甘酸っぱくて、ほのかに酒粕の香りととろっとした口当たり。

ビールの概念が確実に変わると思います。サクサク飲めちゃいますが、アルコール度数はちゃんとビールなので、お気をつけ下さい。

1,500本限定なので、ネット上でも売り切れのところが多いですね。見かけたら即ゲットしてください!

原材料名:麦芽、小麦、オーツ麦、温州みかんピューレ、パイナップルピューレ、酒粕(出羽燦々)、ホップ
アルコール分:5度
製造者:寒菊銘醸


[Dewasansan SAKEKASU SMOOTHIE]

A smoothie-style beer limited to 1,500 bottles of Chiba / Kankiku Meijo, which has been making original beer using Japanese sake brewing know-how since 1997.

  • Under the Japanese Liquor Tax Law, it is called low-malt beer, but here it is called beer.

The smoothie style is a beer style with a tortoise that is made by adding fruit puree to sour beer, which started to become popular on the east coast of the United States from around 2018, and is gradually spreading in Japan.

So, this beer uses the lees of “Kankiku OCEAN99-Oumi Summer Sea-Unfiltered Raw Sake” and the puree of Citrus unshiu and pineapple. Aroma and a thick texture.

I think the concept of beer will definitely change. You can drink more and more, but please be careful because the alcohol percentage is beer properly.

Since it is limited to 1,500, there are many places that are sold out even on the net. Get it as soon as you see it!

Ingredient names: malt, wheat, oats, Satsuma mandarin puree, pineapple puree, sake lees (Dewasansan), hops
Alcohol percentage: 5%
Manufacturer: Kankiku-meijo