*

幸せ物質と腸のはなし

      2016/06/02

昨日は、大寒。
本当に、寒い1日でしたね。

こう寒いと、どうしても温かい
お鍋が食べたくなります。

いつもお野菜を注文している農場さんから、
ちょうどお野菜のセットも届いたので、
昨日はお野菜たっぷり、牡蠣と豚肉の
味噌生姜鍋にしました。

IMG_4062(1)

近所のスーパーに、新ものの生わかめも
売られていたので、迷わず購入。
IMG_4066(1)

美しいです!

生わかめを沸騰したお湯に入れた瞬間が
とても感動的なんです。笑
茶色から緑色に変わる瞬間の言葉にならない美しさ!

そして、届いた野菜セットの中に
菜の花が入っていたので、
それもお鍋に入れて頂きました。

IMG_4064(1)

注文している野菜はすべて、
完全無農薬、無化学肥料の
循環農法で育ったもので、
どのお野菜も生命力に満ち溢れています。

手にとって、触れていると、
なんといいますか、、、

強い生命力の様なものを感じます。

寒い中でも、こうやって、新ものが
出始めたり、春を感じるお野菜が
届いたりすると、なんだかとっても
嬉しくなりますねー。

日頃から旬の食材を頂いていると、
本当に、今この時季にしか頂けないものが
どれだけ貴重か。どれだけありがたいことなのか。

いよいよ終わりを告げる冬のお野菜への
感謝の気持ちと、顔を出し始めた
春の訪れに幸せを感じます♪

最近の研究で、幸せを感じる物質といわれる
「ドーパミン」や「セロトニン」を分泌するためのもとは
腸で作られている。というのがわかってきています。

しかも!セロトニンの90%は小腸に存在しているという話!!

腸内の環境を整えて、 腸内細菌を増やすことで、
ドーパミンとセロトニンが正常に分泌されるということが
研究でわかってきたんだそうです。

腸内細菌を健康に保つためには、
善玉菌と悪玉菌のバランスが重要だと
言われていますが、脳内物質にも
腸内環境が影響していたんですね。

私自身、アトピーを克服する過程で、
自分の体を通して学んだことは、

「腸が人の心と体の健康を担っているんじゃないか。」
ということだったんですね。

なので、ドーパミンとセロトニンの話を聞いた時にも、
妙に納得してしまいました。

最近は、心の病を抱えて
苦しんでいる人も増えてきています。

アトピーや原因不明の病で苦しんでいる方も、
昔に比べるとものすごく増加しました。

それも、腸内環境のバランスを崩す
食生活が原因の1つかもしれません。

腸内環境を整えるためにも、
普段の食生活がとても大切だと思うんですね。

外食する時は、自分で食材を選ぶことはできませんが、
家で食事をする時は、自分で食材を選んで
料理することが出来ますからね♪

「旬」の食材を頂くこと。

昔ながらの伝統的な製法で
長期熟成して作られた味噌や醤油を
積極的に体にとりいれること。

そして、やっぱり日本人はお米を食べること。

人間の体に大切な「水」を飲むこと。

農薬、化学肥料、化学調味料、添加物が含まれたものを
なるべく体に入れないこと。などなど、

なるべく自然のもの、昔ながらの製法で
作られた調味料や発酵食品などを
取りいれた食生活を送ることで変化してくる
自分の心と体をじっくりと観察してみてください♪

健康の秘訣が「腸」だということに
たどり着くと思います。

ではでは、また!

ブログランキングに参加中です。
ポチっとワンクリック応援して頂けると
嬉しい限りでございます!よろしくお願い致します♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ 

「天然生活はじめました」の
Facebookページもございます。
https://www.facebook.com/tennenseikatu

もしこのWEBマガジンがアトピーでお悩みの方や、
天然生活を送りたい方の参考になりそうなら
是非、いいね!をポチっとお願い致します♪

 - アトピーのこと, 食養