*

地元宝塚の朝採り無農薬野菜たち

      2016/04/14

普段、我が家は、尊敬している
大分のお百姓さん:赤峰勝人さんの
完全無農薬・無化学肥料の循環農法で
育ったお野菜を注文して頂いているのですが、

最近は、地元宝塚で無農薬野菜を
作っていらっしゃる農家さんの
朝採り無農薬野菜もよく
購入させて頂くのです。

で、今回も美味しそうなお野菜たちが
販売所に並んでいたので沢山購入!

IMG_2419

今回は、じゃがいも(男爵)、
葉つき人参、なす、万願寺とうがらし、
伏見とうがらし、バジル、大葉を購入!

しかも、これだけ買って

お値段1,070円也。

この量で無農薬野菜ということを
考えると安くないですか?

見て下さい!この色鮮やかで美しい野菜たち!

無農薬の旬のお野菜って、
本当に良い香りで、
イキイキしています!

大好きな料理研究家の辰巳芳子さんが、
いつもおっしゃっている事は、
食べるという事は、呼吸と等しく、
人間の生命に組み込まれているのだ。と。

家庭料理というのは、毎日、毎日
作り続けなければならない大仕事。

だからこそ、私たちはなんの為に食べるのか。
どんなものを食べるのか。

食べたものが私達の体に吸収され、
血を造り、細胞を造る。

それを理解していないと、
毎日毎日作っては食べるという行為が
とても面倒に思えてしまうのだと、
辰巳芳子さんは自身の著書の中で
おっしゃっていましたが、
本当にその通りだなぁと思います。

ただ空腹を満たす為だけに
料理を作って食べる。と考えると

確かに、良い食材、良い調味料を
使って料理するという事や、
手間暇かけてお料理をする事なんて
本当に面倒くさいと思えて
仕方ないのかもしれません。

何のために食べるのか。を
理解する事で、手間暇かけて
お料理する事も面倒だと
思わなくなるのかもしれません。

私はアトピーで苦しんだ29年間があって、
それを自然食やオーガニック製品を
生活の中に取り入れた事で克服できた

という経緯があって、

何のために食べるのか。
何を食べるのか。が、
本当に大切なことなんだなぁ。と
自分の体を通して実感することができました。

アトピーで苦しんでいた時と、
今では、血も細胞も造りかえられて
全く違うものになっていると感じます。

私もまだまだ勉強中で、
たぶん、この勉強は一生
続くのだと思いますが、

私のこの経験や学びが
アトピーで苦しんでいる人たちや
健康で美しくありたいと願う人たちの
参考資料の1つとなり、

アトピーを克服する人が
もっと増えたらいいなと願っています。

ではでは、また!

ブログランキングに参加中です。
ポチっとワンクリック応援して頂けると
嬉しい限りでございます!よろしくお願い致します♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ 

「天然生活はじめました」の
Facebookページもございます。
https://www.facebook.com/tennenseikatu

もしこのWEBマガジンがアトピーでお悩みの方や、
天然生活を送りたい方の参考になりそうなら
是非、いいね!をポチっとお願い致します♪


 - 家庭料理